JCB画像

JCBギフトカードがチケットショップで人気の理由

みなさま、チケットショップに行かれたときに必ずと言っていいほど目にするのが
色々な種類の商品券だとおもいます。
数ある商品券の中でも今回は、信販系の商品券にスポットをあててみたいと思います。
信販系商品券とは、おもにクレジット会社が取り扱うギフトカードで、発行する会社の規定により釣銭を出さないこととなってる商品券となっております。

代表的な信販系ギフトカードは下記です

アメリカン・エキスプレス・ギフトクーポン
JCBギフトカード
VJAギフトカード
UCギフトカード
三菱UFJニコスギフトカード
KCギフトカード
日専連ギフトカード

クレジット会社以外が取り扱うギフトカードが下記です(内発行会社)

JTBナイスギフト(ジェイティービー)
ANAギフトカード(全日本空輸)
びゅう商品券(東日本旅客鉄道)

上記のなかでチケットショップでの人気順位は?
一番がJCBギフトカード
二番がVJAギフトカード
三番がJTBナイスギフト

この3つがおもに販売数が多いですね。
販売数が多いという事は、購入者に人気が有り、かつ贈り物にもご自身で使うにも安心して購入できるブランドとして間違いがないと、みなさまに認識定着されていると推測されます。

さてでは、なぜ?JCBギフトカードが人気があるのか調べてみました。

色々なウェブを検索してみた結果を抜粋してみました。
貰ってうれしい金券は?のインターネット口コミ総合ランキング第一位にJCBギフトカードとなっていました。 支持率40%とかなり高い評価となってます。
例えば、なんで良いかの書き込みでは
★地方でも使えるお店が多いから。
★一番頂いた回数が多く使い慣れているから。
★大手は大体使えるから。
★デザインがシンプルでいい等々。
上記内容から推測されるに、JCBギフトカードは、ご自身が貰ってうれしく感じることは、人にも喜ばれる贈り物となり人気になったと思います。
今の時代、色々な所で使え、かつどんな場面の贈り物にも適し老若男女とわずに喜ばれる商品の代表となったと思います。

◎豆知識
歴史的にもなんと、日本で最初に発行されたのが、なんとJCBクレジットカードだったのです。
この影響もあり、長年培った営業実績がいまの信頼信用を生み日本では、JCBのブランド力と安心が高いという概念が生まれたのも喜ばれる要因の一つだと思います。

最後にJCBギフトカードが使える店舗数が他のギフトカードとの差があるのか?

JCBギフトカードが全国100万店舗以上
VJAギフトカードが全国50万店舗以上
JTBナイスギフトが全国100万店舗以上

世界シェアの高いVJAギフトカードでも日本国内での使用できる店舗数は、
JCBギフトカードのほうが倍近くの使用店舗をもっていることからも、安心して
贈り物をもらう側も、贈る側も、大体の所で使え幅広い用途でき、喜び喜ばれるギフトカードの定着定番になり一番人気になったのだと思われます。

◎チケットショップで売買をする時は頭の隅においとくべきこと。
以上のことから、JCBギフトカードは、人気ギフトカード商品となり
日本国内で認知されている商品券のひとつになっており、
チケットショップでも、このような理由が加味されており
他の商品券よりも、販売・買取にも影響がでて高めの販売・買取になってる場合が多いのが原状です。
チケットショップを覗くさいには販売価格が、ほかの信販系ギフトカードよりも、JCBギフトカードが安く販売してる時は、
上記の内容を考えても買い時のチャンスなのかもしれませんね。

ちょっとした、豆知識で得を更にお得くできた気持ちで日々を楽しくエンジョイしてみはいかがでしょうか。
※注意:汚れ・折れ等で、安く販売してる時は、贈答用には向かないので注意が必要です。